【衛生管理】「大ブームのカラコンで失明も」眼科専門医が警鐘

【衛生管理】「大ブームのカラコンで失明も」眼科専門医が警鐘

これまで危険性が指摘されながら、女子中高生を中心にブームが続くカラーコンタクトレンズ(カラコン)。「週刊文春」で眼科専門医がそのブームに警鐘を鳴らしている。

カラコンとは、黒目の周りを青や黄色に色付けしたり、黒目を大きく見せたりするコンタクトレンズのこと。日本眼科医会の調査によると、その使用率は六年前に比べ、高校生が6.5倍、中学生はなんと25.5倍にまで増えたという。

だが、そのリスクを知ったうえで使用している中高生はまだ少ない。

「カラコンは色素として微粒の金属を層状に貼り付けて着色されています。理想はレンズ内部に着色されていることですが、レンズの角膜側やまぶた側に直接色素が露出している商品もある。そうすると微粒の金属が生体と接触するため、非常に危険です」(順天堂大学医学部非常勤講師の糸井素純医師)

金属が露出していると黒目(角膜)部分に無数の傷がつく。

「角膜についた傷が細菌に感染し、炎症を起こして角膜浸潤が発生。角膜にある傷の部分が白く濁り、放っておくと侵入した細菌が増殖してしまう。(略)最悪の場合は失明することもあります」(同前)

他にも材質の問題があり、これが眼球を傷める原因になるという。

また、ワンデータイプの複数回利用、友達同士での貸し借りなど、中高生の使い方についても問題点が指摘されている。

カラコンのリスクについて、11月1日(水)発売の「週刊文春」で詳しく報じる。

https://www.excite.co.jp/…/socie…/20171031/Bunshun_4743.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-7-3

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  2. 2017-7-3

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2017-7-13

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  4. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  5. 2020-7-10

    新型コロナウイルス対策セミナーのお知らせ

    介護事業者だけでなく、一般企業からも大好評をいただいております 感染症.comでは、新型コロ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る