【自主回収】甘栗4万9000袋を自主回収 カインズ、細菌混入の恐れ

ホームセンターを展開するカインズ(埼玉県本庄市)は31日までに、8月1日から10月23日までに21都府県の計145店舗で販売した「天津むき甘栗」に細菌が混入した恐れがあるとして、約4万9千袋の自主回収を始めた。これまで健康被害の報告は確認されていないという。

同社によると、細菌はパエニバシラス属の菌。食中毒菌ではないが、菌が増殖して腐敗した甘栗を食べた場合、健康被害の可能性があるという。対象は価格が98~880円の4商品で、製造元は中国の工場だった。

カインズは「不安な思いをさせてしまい、深くおわびする。食べずに回収に協力をお願いしたい」としている。

商品やレシートで購入が確認できれば返金する。問い合わせは同社「お客様相談室」、電話(0120)877111。

https://www.sankei.com/li…/news/181031/lif1810310021-n1.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-7-3

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  2. 2017-7-3

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2017-7-13

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  4. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  5. 2020-7-10

    新型コロナウイルス対策セミナーのお知らせ

    介護事業者だけでなく、一般企業からも大好評をいただいております 感染症.comでは、新型コロ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る