【腸管出血性大腸菌:O157】北米でO157、レタスが原因か 保健当局「食べないで」 /アメリカ

米国の食品医薬品局(FDA)と疾病対策センター(CDC)は20日、複数の州やカナダで腸管出血性大腸菌O157の食中毒が広がっており、ロメインレタスが原因の可能性があるとみて調査を始めたと発表した。詳細が分かるまでロメインレタスを食べたり、小売店やレストランで提供したりしないよう求めている。

発表によると、10月に11の州で計32人がO157の食中毒と診断され、カナダの二つの州でも同じ遺伝子型のO157の感染者が18人確認された。死者はいない。

米国では春から夏にかけて西部アリゾナ州産のロメインレタスが感染源とされるO157の食中毒が36州で発生し、5人が死亡したが、今回は遺伝子型が異なるという。

https://www.sanspo.com/…/news/201…/sot18112112480007-n1.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-7-3

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  2. 2017-7-3

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2017-7-13

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  4. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  5. 2020-7-10

    新型コロナウイルス対策セミナーのお知らせ

    介護事業者だけでなく、一般企業からも大好評をいただいております 感染症.comでは、新型コロ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る