【腸管出血性大腸菌:O121】臼杵市の30代男性が感染 /大分県

【腸管出血性大腸菌:O121】臼杵市の30代男性が感染 /大分県

県は18日、臼杵市の30代男性が腸管出血性大腸菌O121による感染症を発症したと発表した。

県内では今年3件目。男性は7日に腹痛などの症状を訴え、翌8日に医療機関で受診した。快方に向かっている。

県健康づくり支援課は、しっかりと手を洗うことや、レバーなど食肉を食べる際の十分な加熱を呼びかけている。

https://mainichi.jp/articles/20180619/ddl/k44/040/235000c

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-7-3

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  2. 2017-7-3

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2017-7-13

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  4. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  5. 2020-7-10

    新型コロナウイルス対策セミナーのお知らせ

    介護事業者だけでなく、一般企業からも大好評をいただいております 感染症.comでは、新型コロ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る