【耐性菌:ペット】米13州で流行の耐性菌、ペットショップで販売の子犬が原因か CDC /アメリカ

米疾病対策センター(CDC)はこのほど、複数の薬剤に対して耐性を持つ感染症が米国内各地で流行している問題について、ペットショップで販売された子犬が原因だった可能性があると発表した。

CDCによると、病原菌の「カンピロバクター・ジェジュニ」を原因とする感染症の流行は13州で報告され、これまでに30人の感染が確認されている。

患者のうち4人は入院したが、これまでのところ死者は報告されていない。

疫学調査や検査の結果、感染源は複数のペットショップで販売された子犬だったと思われることが分かったという。感染者の多くは子犬と接触した人か、ペットショップの従業員だった。この中には、大手ペットショップチェーン「ペットランド」の店舗も含まれる。

こうした子犬に共通するサプライヤーは、まだ特定できていないとCDCは説明している。

流行の発生は今年1月にさかのぼる。感染者の年齢は8カ月~70歳と幅がある。

感染すると、下痢や腹痛、発熱などの症状が、大抵の場合は1週間ほど続く。抗生剤を投与しなくても、大抵は回復するという。

感染を防ぐためには手洗いを心がけ、新しく犬を飼う場合は獣医で検査してもらう必要がある。

https://www.cnn.co.jp/usa/35147095.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-7-3

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  2. 2017-7-3

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2017-7-13

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  4. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  5. 2020-7-10

    新型コロナウイルス対策セミナーのお知らせ

    介護事業者だけでなく、一般企業からも大好評をいただいております 感染症.comでは、新型コロ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る