【研究報告】米で新たな危険な感染が明らかに /アメリカ

【研究報告】米で新たな危険な感染が明らかに /アメリカ

米エモリー抗生物質耐性センターの学者らによって、肺炎の新たな病原体が発見された。より強い毒性(人体に感染させる能力)を持つこの変種は、米国で患者1人から採取された。

この菌株は、クレブシエラ・ニューモニエ(肺炎桿菌)の抗生物質とカルバペネム系抗生物質全体に対し耐性を持つ。

米国人の1人のもとで明らかにされた病気の研究は続いている。先にランセット誌は、この病気が2016年に中国で致死的な形で発生したことを指摘していた。

学者らは、菌株がどの程度自らの病原性を強めることができるのかを明らかにする意向だと、「EurekAlert」は伝えている。

https://jp.sputniknews.com/science/201806134984426/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-7-3

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  2. 2017-7-3

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2017-7-13

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  4. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  5. 2018-6-15

    第2回「薬剤耐性(AMR)対策普及啓発活動表彰」の 取組事例の募集開始について

    第2回「薬剤耐性(AMR)対策普及啓発活動表彰」の取組事例の募集を開始いたしましたのでお知らせいたし…

おすすめ記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る