【研究報告】カキのウイルス 泡で除去…ノロ食中毒ゼロへ装置

【研究報告】カキのウイルス 泡で除去…ノロ食中毒ゼロへ装置

海洋高や企業 来年秋実用化目標

精密機器メーカー「トスレック」(南区)と府立海洋高校(宮津市)などが、極めて微細な泡「ウルトラファインバブル(UFB)」を活用し、カキから食中毒の原因となるノロウイルスを除去する装置の開発を進めている。別のウイルスを使った実験では、ほとんど除去できることが確認され、来年秋にも実用化を目指す方針だ。(布江田嘉一)

UFBの新たな用途を模索していた同社が2016年11月から始め、同校の生徒のほか、カキに詳しい東北大の研究者、北里環境科学センター(相模原市)の検査分析の担当者らも参加している。

実験は、同校の敷地に設けられたテント内で実施。ノロウイルスの代替ウイルスとして実験に用いられ、人間に感染しないネコカリシウイルスをマガキや岩ガキに吸着させ、UFBを含んだ海水で20時間洗浄したところ、99%以上が除去された。

UFBは1000分の1ミリ未満で、肉眼で見えないほど微細なため、カキの消化器官まで入り込んで異物を取り除くことができる。生食用のカキは浄化タンク内で紫外線を照射して殺菌するのが一般的だが、ノロウイルスの除去率は岩ガキで92%程度。UFBの手法が確立されれば、安全性の向上が期待できるという。

今後は、ノロウイルスを使った実験も行って装置を完成させる方針で、カキの産地である広島県の漁協が導入に前向きという。

25日には、開発に参加している関係者らが同校に集まり、成果を発表した。同社の中尾順次・研究開発部長は「洗浄時間を短くするなどの工夫を重ねたい」と意気込んだ。

カキの大きさや重さを量る作業を担当した同校3年の西野海杜かいとさん(17)は「ウイルスを除去することができれば、安心して流通させることができる。実験に参加できてうれしい」と笑顔を見せた。

東北大の高橋計介准教授は「ノロウイルスのないカキは、生産者と消費者の悲願。紫外線を照射する浄化タンクにUFB装置を組み込めば、より効果的ではないか」と指摘している。

http://www.yomiuri.co.jp/…/k…/news/20180525-OYTNT50267.html…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-7-3

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  2. 2017-7-3

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2017-7-13

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  4. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  5. 2020-7-10

    新型コロナウイルス対策セミナーのお知らせ

    介護事業者だけでなく、一般企業からも大好評をいただいております 感染症.comでは、新型コロ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る