【研究報告】あおもり藍でインフル予防 弘前大と組合ら特許出願 /青森県

弘前大とあおもり藍産業協同組合、東北医科薬科大(仙台市)は8日、青森県内で農薬不使用で栽培された藍「あおもり藍」が、A型インフルエンザの発症予防に効果があることを科学的に実証し、国内特許の共同出願をしたと発表した。出願は昨年11月29日付。関係者は新たな予防製品の開発など、あおもり藍が医療・健康分野で活用されることを期待している。

あおもり藍は、青森市を中心に年間約1トン栽培されている。葉から抽出されたエキスは、衣料・革製品への藍染めや、抗菌性に着目した消臭・抗菌スプレー、せっけんなどの原材料として用いられている。

同大大学院医学研究科の中根明夫特任教授らが行った実験では、あおもり藍から抽出したエキスとインフルエンザA型ウイルスを混ぜて感染させた動物の細胞、A型ウイルスのみを感染させた細胞を培養して比較。ウイルスのみの細胞では感染性ウイルスが約6千個検出されたが、エキスを混ぜた細胞からは感染性ウイルスが検出されなかった。

また、あおもり藍のエキスは、水に溶けにくい性質を持っているため、布や不織布に含ませることで、繰り返し使用しても効果が低下しにくい製品の開発が期待できるという。弘前大など3者は、既にエキスを含ませたマスクの開発を進めており、年内の商品化を目指している。

同日、同大で会見した中根特任教授は「さらに研究を進め、インフルエンザの予防で役に立つことができたらうれしい。将来的には、医薬品の開発にもつなげたい」と話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-7-3

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  2. 2017-7-3

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2017-7-13

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  4. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  5. 2020-4-3

    感染症.comからの告知です

    感染症.comの向田からの告知です。   間違った対策に、時間とお金を費やされている方々をこれ以上…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る