【百日咳】百日ぜき3人、県が注意喚起 /熊本県

【百日咳】百日ぜき3人、県が注意喚起 /熊本県

19~25日の県感染症情報によると、百日ぜきの患者が3人報告された。乳幼児は死亡する場合もあるため、県健康危機管理課が注意を呼び掛けている。

百日ぜきは激しいせきを伴い、せきなどのしぶきで飛沫[ひまつ]感染する。乳幼児は呼吸ができなくなり、全身が青紫色になったり、けいれんが起きたりすることもある。全国では5~14歳の報告が多いが、35~40歳代の例も目立つ。

予防法はワクチン接種のほか、20秒以上かけた丁寧な手洗い、せきやくしゃみを人に向けないなど。今年に入り県内での報告は10人になった。

50定点医療機関から報告された感染性胃腸炎は前週比12人減の349人。保健所管轄別では山鹿が警報レベルにある。インフルエンザ(80定点)は176人減の227人報告された。

https://this.kiji.is/352282203075675233?c=92619697908483575

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-7-3

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  2. 2017-7-3

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2017-7-13

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  4. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  5. 2020-7-10

    新型コロナウイルス対策セミナーのお知らせ

    介護事業者だけでなく、一般企業からも大好評をいただいております 感染症.comでは、新型コロ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る