【梅毒】44年ぶりに患者5000人超の梅毒 無知と無神経で感染激増

【梅毒】44年ぶりに患者5000人超の梅毒 無知と無神経で感染激増

感染症の拡大を防ぐには、その感染源を取り除くこと、感染経路を絶つこと、予防すること。この3つが重要な対策になる。たとえば空気感染する麻疹にかかった疑いがある場合は、そのまま病院に行って移動中も含めて感染の可能性を拡大させるのではなく、自宅から医療機関へ直接、電話で問い合わせるように呼びかけられている。ところが、自分は麻疹かもと疑いながらも出勤しようとする人がいたり、感染症は予防こそ重要だという意識が欠落している人がいる。ライターの森鷹久氏が、近ごろ急増している性感染症のひとつ「梅毒」をめぐる、感染症の恐ろしさを認識できない人たちが起こす混乱についてレポートする。

梅毒患者が増え続けている。

筆者も過去に、梅毒患者数の増加と、その理由について解説してきたが、まさかこれほどまでに「増加」し続けるとは思ってもいなかった。

「まさに“パンデミック”と呼びたくなるような増え方。はっきりって有効な対処のしようがなく、感染が拡大し続けている状況。諸説ある感染ルート、そして実際の患者数がどれくらいなのか、国は正確に把握することが出来ていません」

こう話すのは、大手全国紙の厚生労働省担当記者。2012年に875人だった梅毒患者は2017年、暫定値で5800人を超えた(国立感染症研究所調べ)。5000人以上の患者数が確認されたのは44年ぶり。本当に現代に起きている事なのかと戦慄する事態なのだ。

梅毒患者の急増については、外国人観光客が日本国内の性風俗店を利用するなどして感染が広まっているという説が根強く、筆者が複数の性風俗店を取材しても、同様の声が聞かれた。また「梅毒」といえば、衛生事情がさほど良くなかった遠い過去に流行った病気だからあり得ない、という認識があることも、感染拡大の要因の一つだろう。都内の性風俗店経営者が解説する。

「梅毒に罹患する女の子が増えたのは事実です。とある業者は、中国や台湾からやってくる風俗ツアー客を受け入れ、店に在籍していた女性の複数人が感染した、とも話しています。女の子には定期的な検診を勧めており、中には“定期健診済み”を謳い、客を安心させようとしていますが……。当たり前ですが、なんの安心材料にもならない」

性風俗店に在籍する女性が、一か月に一回だった検診を一週間に一回にしたところで、もしくは毎日検診をしたところで、梅毒を含めた性感染症の拡大をストップさせるとは、当然言い切れない。感染客がいつ女性と接触するかを店側が把握できないのは言うまでもなく、さらに悪いことには、感染している客自身が、自身の感染に全く気が付いていないパターンも多い。

特に梅毒では、感染後3か月程度経過しないと、目に見えた“症状”を自覚しづらく、感染者が気づかないまま、菌をばらまき続けるといった例が後を絶たない。さらに困るのは、まさか自身が「梅毒にはかかっていないだろう」という甘い認識を持った人々の存在だ。彼らは外国人とは限らない。日本人の客でも、探せば情報はいくらでもあるのに、感染症に対する無知と無神経が目に余る。

「お客さんの中には、ある程度“病気”の認識を持ったまま、性風俗店を利用する人もいる。性器を見て異変を指摘しても、“梅毒なわけないよ”とか“薬飲めば治るし”などという人もいる。自覚症状があるにも関わらず、どうせ大したことないだろうというお客さんが増えています。会話の中でそういった“自覚症状”のあるお客さんだとわかった場合、サービスを断ることもりますが、身体的な異変もなく“少しおかしいな”程度の認識しかないお客さんは見抜けない。本当に怖いんです」

関西の性風俗店に勤務する女性が訴える。昨年、多くの外国人観光客を相手にした後、ほどなくして梅毒に感染していたことが発覚し、退店を余儀なくされた。服薬治療によって完治したというが、単なる“性病”とは違う、梅毒の恐ろしさを自ら体験し、恐怖から二度と性風俗店で働けなくなったと話す。

「正直、他の性病にかかったこともあって“梅毒”と言われてもふーん、という感じでした。病院で、脳や心臓にも影響があることを知り、まさに死に直結する病気なのだと知らされ、認識を改めました。このことを知らない人が多すぎるのです」

当然この女性との性交渉によって梅毒に感染した男性客が存在する可能性もある。しかし、彼女自身がいつどこで、そして誰から感染したかなど知る由もなく、そして誰にうつしたかも、誰にもわからない。食中毒を起こした飲食店であれば、保健所が検査に入り原因を究明し、利用客に注意喚起できよう。性風俗店で、それは不可能だ。

このような状況でありながらも、国は有効な対応策を打ち出せずにいるというのだから、事態は思った以上に深刻である。性風俗店を一切利用しない、だけでは感染拡大は防げない。いつどこ、誰から感染させられるか、まったくわからないからこそ、早期の検診をするなどして、自衛するしか残された方法はないのだ。

https://news.nifty.com/artic…/domestic/society/12180-031668/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-7-3

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  2. 2017-7-3

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2017-7-13

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  4. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  5. 2018-6-15

    第2回「薬剤耐性(AMR)対策普及啓発活動表彰」の 取組事例の募集開始について

    第2回「薬剤耐性(AMR)対策普及啓発活動表彰」の取組事例の募集を開始いたしましたのでお知らせいたし…

おすすめ記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る