【梅毒】梅毒急増は中国の訪日客増加が関係?

【梅毒】梅毒急増は中国の訪日客増加が関係?

東京・西新宿の性感染症専門治療「プライベートケアクリニック東京」名誉院長の尾上泰彦医師はこう話す。

「梅毒の名前の由来をご存じでしょうか。症状に赤い丘疹(きゅうしん)という皮膚病変があり、一説にそれが楊梅(ようばい)の実に似ており、楊梅瘡(ようばいそう)と呼ばれました。その後、楊の字が取れて梅瘡に、そしてバイ菌を表す黴(かび)と毒が合わさって黴毒(ばいどく)、梅毒へと変化したといわれています」。

「楊梅」は、中国でヤマモモのこと。実は梅毒の急増の背景に、中国観光客の増加が関係しているのではないかという指摘がある。中国内で梅毒が流行しているからだ。尾上医師が続ける。

「中国における梅毒患者は、日本をはるかに上回って増えています。中国国家衛生・計画出産委員会のホームページでは台湾、香港、マカオを除いた患者数が43万3974人、死亡者は58人です(2015年)。

中国の総人口は日本の約11倍ですが、梅毒患者は160倍。その流行には驚かされます。

こうしたことから、中国からの訪日客の影響で日本の若い女性に梅毒患者が増えた。そして日本での感染が増えたという可能性が十分あるわけです」

患者がケタはずれに多い中国。一方、観光産業の柱に、訪日外国人旅行者を位置付けた日本。昨年の訪日観光客は、約2400万人を突破した。トップ5は、中国637万人、韓国509万人、台湾417万人、香港184万人、米国124万人である。

なお2010年から16年の伸び率では、全体の伸び率(2・79倍)を上回るのは中国(4・51倍)、タイ(4・2倍)、香港(3・61倍)、台湾(3・28倍)など東南アジアが大半。米国は1・7倍にとどまる(日本政府観光局調べ)。

https://www.nikkansports.com/leisu…/health/news/1875575.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-7-3

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  2. 2017-7-3

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2017-7-13

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  4. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  5. 2020-7-10

    新型コロナウイルス対策セミナーのお知らせ

    介護事業者だけでなく、一般企業からも大好評をいただいております 感染症.comでは、新型コロ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る