【東部ウマ脳炎ウイルス】蚊が媒介する「東部ウマ脳炎ウイルス」を検出、致死率30% /アメリカ

米フロリダ州で蚊が媒介する感染症「東部ウマ脳炎(EEE)」のウイルスがニワトリから検出され、人に感染するリスクが高まったとして当局が警戒を呼びかけた。

同州オレンジ郡の25日の発表によると、検査用のニワトリ数羽にEEEの陽性反応が出た。EEEは蚊を通じて人に感染すると、脳の炎症を引き起こす。

陽性反応が出たのは西ナイル熱とEEEの検査を定期的に行っているニワトリで、ウイルスによる症状は表れていない。
米疾病対策センターによると、米国内で報告される人のEEEの症例数は年間およそ7例にとどまる。

しかし感染すれば約30%が死に至り、回復したとしても多くの患者に神経症状が残る。

蚊に刺されて感染すると、4~10日で頭痛や高熱、悪寒、嘔吐(おうと)などの症状が現れる。重症化すると見当識障害や発作を起こして昏睡(こんすい)状態に陥る。

夏を迎えて蚊の発生がピークを迎える中、当局は住民に対し、自宅周辺のたまり水をなくし、虫よけを使うなどして蚊に刺されないよう注意を払い、窓や扉には網戸を付けるよう促している。

https://www.cnn.co.jp/usa/35140516.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-7-3

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  2. 2017-7-3

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2017-7-13

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  4. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  5. 2020-7-10

    新型コロナウイルス対策セミナーのお知らせ

    介護事業者だけでなく、一般企業からも大好評をいただいております 感染症.comでは、新型コロ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る