【新型コロナウイルス:COVID-19】「初期症状は軽いかぜと同じ 感染疑えなかった」診察した医師 /北海道

新型コロナウイルスに感染した北海道七飯町の男性を最初に診察した医師がNHKのインタビューに応じ、「初期の症状は軽いかぜと同じで感染を疑えなかった」などと述べ、地域の開業医も外来患者の診察を通して感染するおそれがあるとの見方を明らかにしました。

NHKの電話インタビューに応じたのは北海道七飯町で開業している診療所の医師です。この医師は今月19日に新型コロナウイルスへの感染が確認された七飯町の町議会議員を務める男性のかかりつけの医師で、今月7日と13日、男性を診察しました。

医師は「初診の7日は微熱とのどの違和感を訴えていた。全く普通のいわゆるかぜだった」と述べ、海外への渡航歴がないなか、感染を疑う症状はなかったと説明しました。

異常を感じるようになったのは、13日にレントゲンで男性の胸の撮影をしてからで「初診から5日たって少しせきとたんが出てきたと聞き、肺炎や気管支炎を起こしていないかと疑ってレントゲンを撮った。すると両方の肺に肺炎の症状があった。比較的元気なのに、いきなり両側で肺炎はあまり経験したことのない症例で、専門病院に診てもらう必要があると思った」と当時の経緯を明かしました。

男性は函館市内の病院で受診したあと感染が確認され、医師は「私のような開業医は、ほとんどが感染のリスクにさらされているのではないか。感染がさらに広がれば、私たちはどう診療すればいいのか。すごく困ることになる」と述べ、地域の開業医も外来患者の診察を通して感染するおそれがあるとの見方を明らかにしました。

厚生労働省は医療機関で感染が広がるリスクを減らすため、かぜや発熱などの軽い症状の場合は自宅で療養し、37度5分以上の発熱が4日以上続くなどした場合は都道府県に設置されている「帰国者・接触者相談センター」に相談するよう呼びかけています。

https://www3.nhk.or.jp/n…/html/20200225/k10012300481000.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-7-3

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  2. 2017-7-3

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2017-7-13

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  4. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  5. 2020-4-3

    感染症.comからの告知です

    感染症.comの向田からの告知です。   間違った対策に、時間とお金を費やされている方々をこれ以上…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る