【新型コロナウイルス】新型肺炎感染拡大 大手鉄道各社は異例のマスク着用で接客

中国での新型のコロナウイルスの感染拡大を受けて、大手鉄道各社では駅員などにマスクを着用させるなど業界的には異例とも言える対応に乗り出しています。

鉄道各社によりますと、駅員が接客する際は表情が見えないことや声が聞き取りにくい場合があることなどからマスクをしないのが慣例になっているということです。

今回の新型のコロナウイルスの感染拡大を受けて、首都圏のほとんどの鉄道会社が駅員や運転士などの乗務員にマスクの着用を推奨・指示する、業界としては異例とも言える対応をとっています。

このうち羽田空港と都心を結ぶ京浜急行は羽田空港をはじめ、多くの人が利用する品川駅と横浜駅で勤務するすべての駅員に対して、マスクの着用を義務づけたほか、そのほかの駅の駅員に対してもマスクの着用を推奨しているということです。

品川駅ではすべての駅員がマスクをして、アナウンスや乗客への乗り換え案内など対応にあたっていました。また会社によりますとマスク着用の義務づけは今回が初めてだと言うことで、品川駅には駅員がマスクを着用している事を利用者に知らせる貼り紙が窓口に貼られていました。

さらにこの会社では全社員に対して手洗い・うがいの徹底を指示しているほか、駅の事務室などにはアルコールで除菌できるシートなども置いているということです。

京浜急行広報部の関根拓郎報道担当者は「駅員は多くの人と接するので、感染を拡大させないためにまずは自分たちが予防策を徹底していきたい」と話していました。

官房長官「マスク増産要請 品薄緩和に取り組む」

菅官房長官は午後の記者会見で、感染拡大で需要が増しているマスクが品薄の状態にあるという認識を示したうえで、「先月28日に厚生労働省と経済産業省から業界団体に増産の要請を行い、現在、各社は24時間態勢で増産を図っているとの報告を受けている。引き続き、生産や流通の状況をきめ細かく把握して、できるかぎり早く品薄が緩和されるよう取り組んでいきたい」と述べました。

また菅官房長官は入国を拒否する措置の対象地域を中国 湖北省としたことについて、「中国当局やWHO=世界保健機関の発表などによれば、湖北省での感染が最も深刻であることがうかがえることや、これまでわが国の感染者の多くが湖北省に滞在していることなどを踏まえて、湖北省を対象地域とすることが適当だと判断した」と述べました。

そのうえで2日までの時点で入国を拒否された外国人は8人に上ったことを明らかにしました。

https://www3.nhk.or.jp/n…/html/20200203/k10012270971000.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-7-3

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  2. 2017-7-3

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2017-7-13

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  4. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  5. 2020-4-3

    感染症.comからの告知です

    感染症.comの向田からの告知です。   間違った対策に、時間とお金を費やされている方々をこれ以上…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る