【性感染症】デリケートゾーンが常に痒い!どの科を受診すればいい?

【性感染症】デリケートゾーンが常に痒い!どの科を受診すればいい?

デリケートゾーンの痒みは、辛く非常に気になります。デリケートゾーンに常に痒みがあることに悩む女性からの相談に、専門家はどのように答えているでしょうか。

デリケートゾーンの痒みに関する相談:「デリケートゾーンの痒みは、どの科を受診すればいいですか」

『ここ数カ月のことなのですが、陰毛の生えている箇所の皮膚がものすごく痒い時があります。生理中に痒みが出ることは今までも時々あったのですが、最近は常に痒みがあります。人前では絶対掻けないので、とても辛いです。掻き過ぎて痛くなることもあります。何が原因なのか分からないので、どこの科を受診すればいいのか分かりません。薬などを塗った方がいいのでしょうか。また、どこの科を受診したら良いのでしょうか。(20代・女性) 』
陰部のかゆみを伴うカンジダ症や接触性皮膚炎 陰部の痒みを伴う疾患の例や原因は何なのでしょうか。常に痒みがある場合は、検査を行いましょう。

『陰部の痒みを伴う疾患には、カンジダ症・膣トリコモナス・クラミジア感染症・淋病・性器ヘルペス・毛ジラミ・接触性皮膚炎などが挙げられます。このような疾患は、抵抗力が落ちている時にも発症しますし、性行為が無くても公共の浴場やプールでも感染します。生理中の痒みは経血やナプキンによるものと考えられますが、常に痒みがあるのでしたら病院で検査した方がいいでしょう。受診する場合は、産婦・婦人科へ行きましょう。(看護師) 』

『陰毛部分の皮膚の痒みの原因として考えられるのは、膣カンジダなどの感染症や接触性皮膚炎です。カンジダ真菌は、生理周期による膣内環境の変化や、疲労やストレスなどにより免疫力が低下することで増殖しやすくなります。元々皮膚が弱い方の場合は、下着やパンティーライナー・ナプキンとの接触により皮膚炎を起こして痒みを伴うことがあります。(看護師) 』

おりものに異常が見られたら受診を 痒みだけではなくおりものに異常がある場合は、なおさら受診したほうがいいでしょう。科目は、産科・婦人科になります。

『おりものの性状や色はどうですか?チーズやヨーグルトのような性状だったり黄色や緑色をしたおりものが出る場合は、膣カンジダもしくは別の感染症である可能性がありますので病院を受診してください。皮膚のトラブルですが、女性のデリケートゾーンのトラブルでもありますのでまずは婦人科や産婦人科を受診するといいでしょう。(看護師) 』

陰部の清潔と乾燥を心がけて 日常生活で心がけると良い点について説明いたします。

『まずは陰部を清潔にし、乾燥させるよう心がけて下さい。下着は通気性が良く肌触りの良い綿素材で、ナプキンやおりものシートも通気性の良い物を使用して下さい。陰毛は剃った方が良いですが、抵抗があれば入浴時に丁寧に洗ってしっかり乾燥させて下さい。(看護師) 』

『陰部の清潔を心がけるのは勿論、常に押さえつけられたり湿った環境を作らないようにしましょう。同じパンティーライナーを長時間着用していたり、ガードルやストッキング、タイトなズボンなどで常に締め付けていませんか?また、清潔を気にし過ぎて石鹸で洗い過ぎるのも皮膚に良くありません。(看護師) 』

陰部に痒みを伴う疾患には、カンジダ症や接触性皮膚炎などが挙げられます。産科か婦人科を受診し、日常生活では、部の清潔と乾燥を心がけましょう。

http://news.ameba.jp/20170702-300/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-7-3

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  2. 2017-7-3

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2017-7-13

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  4. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  5. 2020-7-10

    新型コロナウイルス対策セミナーのお知らせ

    介護事業者だけでなく、一般企業からも大好評をいただいております 感染症.comでは、新型コロ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る