【心血管疾患、腫瘍、HIV】21世紀人類への3大脅威が明らかに

【心血管疾患、腫瘍、HIV】21世紀人類への3大脅威が明らかに

心血管疾患、腫瘍、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)は21世紀の主な死因となった。近い将来に完全に腫瘍に打ち勝つことは難しそうだが、HIVは世紀末には解決が可能かもしれないと、専門医らが語った。

世界保健機関(WHO)によると、非感染性疾患で毎年、世界で4100万人が亡くなっており、これは全死亡件数の71%を占める。最も割合が高いのが心血管疾患で、1790万人の死因になった。

「主な死因は心臓発作と脳卒中だ」とロシア保健省モスクワ州局のエカテリーナ・イワノワ局長が述べた。

がんはWHOによると、世界でも第2の死因。2015年には悪性腫瘍で880万人が死亡。ほぼ6人に1人の死因となりつつある。

がんを完全に根絶することはまだ不可能だと、ロシア臨床腫瘍学会(RUSSCO)のセルゲイ・チュリャンディン会長は指摘する。だが、近い将来には局所的に撲滅し、様々なステージにあるがんを治療し、今より早い段階で発見することができるようになるとして、チュリャンディン氏は説明する。

「腫瘍発生に対処し、治療することはできるが、遺伝子を直すことはまだできない。」

もう1つの世界的な問題はHIVだ。現時点でHIVは3500万人以上の人々の命を奪っている。2016年末時点で、約3670万人の人でHIV感染が確認された。

「21世紀末には本当にHIVとエイズ(後天性免疫不全症候群)に対処できるようになっていると想定することができる。鍵となるのは、HIVに対する効果的なワクチン開発だ。現在のワクチンはわずか30%の人々しか守らない。これでは不十分だ。ワクチンが効果的であるには70〜80%以上の人々を守らなければならない」とエドゥアルド・カラモフ博士(生物学)が語る。

https://jp.sputniknews.com/science/201807235151144/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-7-3

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  2. 2017-7-3

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2017-7-13

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  4. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  5. 2020-4-3

    感染症.comからの告知です

    感染症.comの向田からの告知です。   間違った対策に、時間とお金を費やされている方々をこれ以上…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る