【大腸菌】ハンバーグで8年前に大腸菌感染、10歳少年が合併症で死亡 仏 /フランス

2011年にドイツ系ディスカウントスーパーのリドル(Lidl)で販売された大腸菌に汚染されたハンバーグを食べて重体となったフランス人の少年(10)が14日、このときの感染に起因する合併症で死亡した。少年の家族の代理人、フロランス・ロー(Florence Rault)弁護士が15日、AFPに明らかにした。

ロー氏によると、ノーラン(Nolan)君とされるこの少年は、2歳足らずだった2011年6月に問題のハンバーグを食べて以降、体がまひし知的障害となった。「手足は変形し、骨折しやすく、いくつもの異なる手術を受けなければならなかった。調整力を失ったために、食べることも飲み込むことも、話すことも動くこともできなかった」という。また糖尿病にもなり、栄養補給は経管栄養法で行われ、1日に数回の薬剤投与が必要で入院を繰り返していた。

当時、ノーラン君の他にもリドルで買ったハンバーグを食べて感染した子どもが10人ほどいたが、ノーラン君の症状が特に深刻だった。これまでに死亡した被害者は、ノーラン君だけとなっている。

リドルのフランス法人は16日、ツイッター(Twitter)で「ノーランさんのご遺族の痛みを分かち合い、苦難の時を過ごすご遺族への支援を行っていきたい」と表明した。

この食中毒事件をめぐってフランスの控訴院は2月、「安全操業に関する故意の違反によって、不随意の傷病」を引き起こしたとする2017年の一審判決を支持し、リドルの卸売業者「SEB-Cerf」の経営者、ギ・ラモレット(Guy Lamorlette)被告(78)に3年の禁錮刑と5万ユーロ(約600万円)の罰金刑を言い渡した。

これに対してノーラン君の母親は、「息子が元通りになるわけではない」が判決には満足だと述べていた。

またSEB-Cerfの品質管理責任者だったローラン・アペレ(Laurent Appere)被告も同じ罪状で裁かれていたが、裁判の途中で心臓発作により亡くなった。同被告の遺族は、自殺説を激しく否定している。

https://www.afpbb.com/articles/-/3244762

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-7-3

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  2. 2017-7-3

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2017-7-13

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  4. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  5. 2020-7-10

    新型コロナウイルス対策セミナーのお知らせ

    介護事業者だけでなく、一般企業からも大好評をいただいております 感染症.comでは、新型コロ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る