【人獣共通感染症】猫とキスをするのは危険? 気を付けたい感染症を獣医師が解説

【人獣共通感染症】猫とキスをするのは危険? 気を付けたい感染症を獣医師が解説

顔や口をぺろぺろ舐めてくる猫ちゃんは本当に可愛いですよね。でもなぜキスをしてくるのでしょうか? 猫ちゃんとのキスで移る病気はないのでしょうか? 今回は猫のキスについて獣医師の福地が解説します。

猫とキスするのは危険?

2016年に野良猫にえさやりをしていた60歳代の女性が呼吸困難の症状を呈して死亡するという出来事がありました。この女性は野良猫にえさやりを行なっており、猫からコリネバクテリウム・ウルセランス(Corynebacterium ulcerance)が感染したと考えられています。この菌はジフテリアという病気を起こすジフテリア菌(Corynebacterium diphtheriae)の仲間で、よく似た症状を起こすことがあります。古くから牛などの家畜が持っていると言われてきましたが、近年では犬や猫からも検出された報告があり、人への感染源になっている可能性があると言われています。

猫がキスをしてくる理由

猫も犬と同様に社会性の高い動物です。友好関係にあるお互いの存在を確認することで安心を得ることができます。群や親子の絆の形成に親愛の情を示すコミュニケーションは必須です。母親からの子供への舐めたり、毛づくろいしたりなどのグルーミングは大人になっても残る行動です。また、猫の口の周りや顎、耳の付け根にはアポクリン腺という汗の1種を分泌する部分があります。この部分の匂いを嗅いだり、舐めたりすることで縄張りをアピールしたり、仲間同士の挨拶をすると言われています。飼い主を仲間と思うことで挨拶としてキスをしてくるのでしょう。

人獣共通感染症とは

人の感染症はおよそ1500あると言われています。しかしその半分以上が本来人以外の動物を宿主としている病原体と言われています。このように人以外の動物に本来はいるはずの病原体が人に感染して病気を起こす感染症のことを「ズーノーシス(zoonosis)」と呼び、日本語では「人畜共通感染症」あるいは「人獣共通感染症」と呼びます。先ほど話題にしたコリネバクテリウム・ウルセランスも人獣共通感染症の一つです。

猫のキスで感染する可能性のある病気

犬のキスで感染する可能性のある感染症として、代表的なものを紹介します。

パスツレラ症

パスツレラ症はパスツレラ菌(Pasteurella multocida)によって引き起こされる人獣共通感染症です。人への感染は世界的に認められますが、特にペットの飼育が盛んな先進国で頻度が高い病気です。人間には噛まれた部分の化膿性の炎症や、重篤な場合は敗血症を起こします。犬や猫は健康でも爪や口の中にこの菌が生息しており、噛んだり引っ掻いたりすることで感染してしまいます。

動物では症状を起こさない場合が多いですが、まれに肺炎を起こすことがあります。また、猫の皮膚炎がある部位の40〜58%からパスツレラが分離されたことから、このようなところから人への感染源になっていると考えられます。詳細は以下の記事に詳しくありますので、興味のある方はご覧ください。

トキソプラズマ

トキソプラズマ症はトキソプラズマ(Toxoplasma gondii)と呼ばれる寄生虫によって起きる感染症です。豚やヤギなどの哺乳類に感染し、猫を含むネコ科の動物で成熟し増殖します。人間は生の豚肉や、猫の糞便についたトキソプラズマから感染することで知られています。

成人にはあまり症状を出さないことが多いのですが、妊娠中に初めて感染すると胎児にトキソプラズマが感染し流産させたり、生きていても目や精神、運動に支障を来たす先天性トキソプラズマ症になってしまうことがあります。古い調査ですが東京の妊婦の抗体調査では1974年には25.3%、1988年以降は平均で15.9%と低下はしていますが感染しているあるいは感染していたことを示す結果が出ています。

コリネバクテリウム・ウルセランス症

先日話題になったコリネバクテリウム・ウルセランス(Corynebacterium ulcerans)は人から人への感染は国内では報告されておらず、国外でもまれだとされています。基本的に感染するとジフテリアと似た症状を示します。粘膜にダメージを与えるため、喉に症状を出していると、腫れ上がって呼吸困難を引き起こすこともあります。皮膚の炎症を引き起こした例も報告されています。

呼吸器以外(頸部リンパ節腫脹や皮膚病変)の感染例も報告されています。飼っている犬や猫が咳やくしゃみ、涙を出している時や、皮膚炎がある時は早めに動物病院にかかられることをオススメします。犬や猫に触った後は、手洗いをしっかりして衛生的な状態をできるだけ保ちましょう。

猫のクラミジア性結膜炎

ネコクラミジア(Chlamydophila felis)によって猫の結膜炎や鼻炎が引き起こされます。人では結膜炎を起こすことで知られています。症状を出さずにクラミジアを保菌している場合もあります。よく見られる病原体で、飼い猫の10〜20%、野良猫の50%が保菌しているという報告もあります。

猫から猫へ感染するときにくしゃみや接触などで感染するため、猫から人へも同じように感染する可能性があると考えられています。猫から人に感染したという国内での報告はまだありませんが、アメリカやイギリスで数例の報告があります。猫ちゃんがくしゃみをしていたり鼻水を出している時は、動物病院に連れて行って治療を受けさせて挙げましょう。

猫のキスで口内炎になる?

猫は口内炎をよく起こします。猫の口内炎は腎不全や尖ったものや電気コードをかじったことによる外傷、自分の免疫が過剰に自分の細胞を攻撃することで起きる免疫介在性疾患や感染症によるものがあります。感染症で起きる口内炎は猫カリシウイルスや猫ウイルス性鼻気管炎ウイルスによるものがありますが、これらのウイルスは人には感染しません。ですので、猫ちゃんとのキスで口内炎を起こす菌が感染する可能性は非常に低いといえるでしょう。

猫のキスで虫歯になる?

人の口の中は、pHが約6.5で弱酸性になっています。犬や猫ではpH8-9とアルカリ性となっています。また、人と歯の形が異なり虫歯菌が潜り込みやすい形をしていないこと、唾液の中に含まれる消化酵素の1種であるアミラーゼが人と比べて少ないことなどにより虫歯が少ないと考えられます。

適切な予防策をとって猫ちゃんと楽しい生活を

猫ちゃんから人に感染する病原体はさまざまなものがありますが、排泄物を片付けたり、触ったりした後には必ず手洗いをするなど衛生的な状態を保てるように励めば、予防できるものが多いです。病気への正しい知識を得て、適切な予防策をとることで猫ちゃんと楽しい生活を送りましょう。

最近は人、動物、そしてそれらを取り巻く環境の衛生に携わっている人全てが一つの健康を目指すOne Health(ワンヘルス)という考え方が世界的に広がっています。ペットから人、あるいは人からペットに移る感染症についての理解を深めることは、飼い主さんにとってもOne Healthを実現する一歩になります。

https://petokoto.com/985

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-7-3

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  2. 2017-7-3

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2017-7-13

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  4. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  5. 2018-6-15

    第2回「薬剤耐性(AMR)対策普及啓発活動表彰」の 取組事例の募集開始について

    第2回「薬剤耐性(AMR)対策普及啓発活動表彰」の取組事例の募集を開始いたしましたのでお知らせいたし…

おすすめ記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る