【ライム病】アメリカ北東部に多い「ライム病」、近隣地域で増加  /アメリカ

【ライム病】アメリカ北東部に多い「ライム病」、近隣地域で増加  /アメリカ

マダニが媒介する感染症のライム病は、アメリカでは北東部などの地域で毎年数万人に発生しています。最近の統計で、特に多い州の周りの州で発生数が増えていることが報告されました。

アメリカ合衆国2008年-2015年のライム病の統計

アメリカ疾病管理予防センター(CDC)の研究班が、2008年から2015年の統計をもとに、米国内のライム病の発生動向の様子をまとめ、広報誌『Morbidity and Mortality Weekly Report』で報告しました。

米国内ではライム病の疑いがある人は全例の統計が取られています。

ライム病は日本での発生は少ないですが、米国では年間数万人がかかる病気です。皮膚や関節などに多様な症状をあらわし、治療には有効な抗菌薬があります。

累計27万件、うち95.2%が14州からの報告
ライム病の発生地域について次の結果がありました。

https://medley.life/news/5a448ea1683e802fd3911b2a/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-7-3

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  2. 2017-7-3

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2017-7-13

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  4. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  5. 2020-7-10

    新型コロナウイルス対策セミナーのお知らせ

    介護事業者だけでなく、一般企業からも大好評をいただいております 感染症.comでは、新型コロ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る