【マラリア】PKOでアフリカ勤務の日本人女性、マラリア感染で“殉職”

【マラリア】PKOでアフリカ勤務の日本人女性、マラリア感染で“殉職”

中央アフリカの国連平和維持活動(PKO)を統括する中央アフリカ多次元統合安定化派遣団(MINUSCA)で文民として勤務していた日本人女性職員がマラリアに感染し、帰国後の昨年6月に死亡していたことが23日、分かった。

女性はヒロセ・ミホさん。国連によると、PKOの職務が原因となり日本人女性が死亡したのは初めて。国連は家族の希望でヒロセさんの名前の漢字や年齢、出身地などを明らかにしていない。

ヒロセさんの部下として勤務していた職員によると、ヒロセさんは2015年7月にMINUSCA入りし、中央アフリカ西部ブアルで地域行政官として勤務していたが、昨年6月10日に休暇で日本に帰国していた際にマラリアで死亡した。

国連によると、これまでPKOに参加して在職死した日本人の犠牲者は計5人でいずれも男性。

http://www.sanspo.com/…/…/20170524/acc17052412170001-n1.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-7-3

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  2. 2017-7-13

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  4. 2020-7-10

    感染対策アドバイザー2020年改訂版のお知らせ

    感染対策アドバイザー(2020年改訂版)の資格検定講座を開始しました! 一般企業の職員でも基…
  5. 2020-10-1

    感染対策シニアアドバイザー2020年改訂版のお知らせ

    感染対策シニアアドバイザー(2020年改訂版)の資格検定講座を開始しました! 感染対策の最前…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る