【マラリア】マラリア重症化メカニズム、阪大が解明 赤血球が免疫反応抑制 /大阪府

【マラリア】マラリア重症化メカニズム、阪大が解明 赤血球が免疫反応抑制 /大阪府

大阪大学微生物病研究所免疫学フロンティア研究センターの齋藤史路特任研究員と平安恒幸特任助教、荒瀬尚教授らは、世界三大感染症の一つであるマラリアの重症化メカニズムを解明した。病原体のマラリア原虫に感染した赤血球が、免疫反応を抑制してしまうことが分かった。この仕組みを阻害することで、マラリアのワクチンや治療薬の開発前進につながる。

同じ患者が何度もマラリアにかかってしまう事例に着目、マラリア原虫が免疫反応から逃れる仕組みの存在を想定した。そこで感染赤血球上に発現するマラリア原虫由来たんぱく質の免疫応答への関与を調べた。

解析の結果、免疫細胞の活性化を抑制する受容体「LILRB1」にマラリア原虫のたんぱく質「リフィン」が結合。抗体を産生するB細胞や感染赤血球を攻撃するナチュラルキラー細胞の活動を抑えることを明らかにした。

https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00452591

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-7-3

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  2. 2017-7-13

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  4. 2020-7-10

    感染対策アドバイザー2020年改訂版のお知らせ

    感染対策アドバイザー(2020年改訂版)の資格検定講座を開始しました! 一般企業の職員でも基…
  5. 2020-10-1

    感染対策シニアアドバイザー2020年改訂版のお知らせ

    感染対策シニアアドバイザー(2020年改訂版)の資格検定講座を開始しました! 感染対策の最前…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る