【マダニ感染症:SFTSウイルス】マダニに刺され、90代の女性が死亡か /広島・三原

【マダニ感染症:SFTSウイルス】マダニに刺され、90代の女性が死亡か /広島・三原

広島県三原市内の90代の女性が重症熱性血小板減少症候群(SFTS)を発症して24日死亡し、県感染症・疾病管理センターが発表した。マダニに刺されたことが原因とみられる。

女性は18日に意識障害を起こし、市内の医療機関に緊急搬送されて入院。発熱や白血球・血小板減少の症状もあり、SFTSと診断された。

センターによると、マダニが原因とみられるSFTS発症例は、統計を取り始めた平成25年以降、県内22人目。うち5人が死亡している。

マダニは主に森林や草地などの屋外に生息。吸血前の成虫は体長3~4ミリ。SFTSのウイルスを保有しているマダニに刺された場合、発症につながる恐れがあるとされる。

センターは屋外で活動する場合、長袖や長ズボン、帽子、手袋の着用などを呼びかけている。

http://www.sankei.com/west/news/170625/wst1706250014-n1.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-7-3

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  2. 2017-7-3

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2017-7-13

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  4. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  5. 2018-6-15

    第2回「薬剤耐性(AMR)対策普及啓発活動表彰」の 取組事例の募集開始について

    第2回「薬剤耐性(AMR)対策普及啓発活動表彰」の取組事例の募集を開始いたしましたのでお知らせいたし…

おすすめ記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る