【マダニ感染症:日本紅斑熱】マダニから感染症 熱海の女性 /静岡県

【マダニ感染症:日本紅斑熱】マダニから感染症 熱海の女性 /静岡県

草むらや畑で肌の露出注意

静岡県は六日、熱海市の八十代女性がマダニから感染する「日本紅斑熱」を発症したと発表した。日本紅斑熱の患者数は増加傾向にあり、昨年の全国の患者数は過去十年間で最多の二百七十六人。県は草むらや畑などマダニの生息域では肌の露出を避けるよう注意を呼び掛けている。

日本紅斑熱は、特定の菌を持つマダニに刺されてから二~八日で発症。高熱や発疹が出て、重篤化すると死亡する場合もある。特効薬もあり死亡率は一%未満とされるが、県内では昨年までの五年間に五人の感染が確認され、うち二人が死亡した。

県疾病対策課によると、女性は六月二十三日に発熱や発疹の症状が出た。マダニの刺し傷周辺の皮膚から菌が検出されたため熱海市内の病院で八日間入院。現在は回復している。

マダニは体長二~三ミリ程度だが、血を吸うと一センチほどに膨張する。一週間吸血し続けることもあり、かまれた痕は蚊よりも一回り大きい。後藤幹生課長は「草木が多い場所に行く場合は長袖を着て首にタオルを巻くなどし、上着や作業着は部屋の中に持ち込まないようにするべきだ」と話した。

http://www.chunichi.co.jp/…/20170707/CK2017070702000089.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-7-3

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  2. 2017-7-3

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2017-7-13

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  4. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  5. 2020-7-10

    新型コロナウイルス対策セミナーのお知らせ

    介護事業者だけでなく、一般企業からも大好評をいただいております 感染症.comでは、新型コロ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る