【マダニ感染症(SFTSウイルス)】死亡率3割のマダニ感染症SFTSに注意!先月だけで13件

【マダニ感染症(SFTSウイルス)】死亡率3割のマダニ感染症SFTSに注意!先月だけで13件

マダニから感染し、重症化すると出血や意識障害などを起こして、死亡する場合もある「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」について、国立感染症研究所が注意を呼びかけている。

国内では2013年に最初の患者が確認されたSFTSは、ウイルスを持つマダニに咬まれることから感染し、6日〜2週間の潜伏期間を経て、発熱や下痢、嘔吐、腹痛などの症状が現れ、ひどくなると意識障害や失語、皮下出血や下血などの出血症状を起こす。治療薬やワクチンは開発されておらず、致死率は6.3〜30%と高い。

国立感染症研究所がまとめた動向調査によると、国内では2012年以降、250人の感染が報告されており、今年は5月30日時点で20人が発症している。発症は屋外で作業する機会が増える5〜8月にかけて急増し、今年も先月だけで13人の報告がある。

これまで国内で報告された250人のうち、発生が多いのは宮崎県や高知県、鹿児島県など西日本が中心で、患者の年齢は60〜80代が多い。これまで56人が亡くなっており、多くが草むしりや畑作業中の高齢者だ 。

マダニは草むらややぶなど全国に生息していて、体長は数ミリから1センチ。国立感染症研究所によると、これまでの感染例でマダニが咬んだ痕跡が見つかったのは約4割ほどにとどまっていて、半数以上が見つかっていないことから、症状が悪化するおそれもある。

同研究所では「屋外で作業する際は、長袖、長ズボン、足元を完全に覆う靴などで肌の露出を少なくし、咬まれたときは、無理に引き抜こうとせず、すぐに病院に行ってほしい」と呼びかけている。

http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/0/20517.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-7-3

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  2. 2017-7-13

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  4. 2020-7-10

    感染対策アドバイザー2020年改訂版のお知らせ

    感染対策アドバイザー(2020年改訂版)の資格検定講座を開始しました! 一般企業の職員でも基…
  5. 2020-10-1

    感染対策シニアアドバイザー2020年改訂版のお知らせ

    感染対策シニアアドバイザー(2020年改訂版)の資格検定講座を開始しました! 感染対策の最前…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る