【マダニ感染症】野外ではマダニご注意

キャンプ、ハイキング、農作業と山や草むらで活動する機会が増える季節、ダニにご注意を──。春から秋にかけて活発化するマダニの活動が夏に本格化する。感染症者は近年、全国で増加し、他府県では死者が出ている。和歌山県健康推進課は「ダニを無理に引き抜くと歯が刺さったまま残ってしまうため、皮膚科などの医療機関で処置してもらうのが望ましい。早めの対処が重要」と呼びかけている。

かまれると死亡リスクも

直径約0・5㌢、吸血後は約3倍の1・5㌢に身体が膨らむマダニ。森林や草むらに生息するが、タヌキやイタチなど野生動物に付いて移動し、住宅街の草地で見つかることもある。西日本を中心に日本紅斑(こうはん)熱や重症熱性血小板減少症候群(SFTS)といったマダニによる感染症が報告されている。全国の紅斑熱患者は2013年の175人から昨年は337人、SFTSは48人から90人に。県内でも紅斑熱が18人から51人、SFTSも0人から3人に増えた。

紅斑熱は2~8日の潜伏期間後、頭痛、発熱、発疹といった症状が現れる。SFTSは致死率約20%と危険で、特に50代以上で死者が出ており、6日〜2週間潜伏後、発熱や下痢のほか、意識障害や失語などの神経症状をきたす場合も。いずれも5月から患者が増え始め、紅斑熱は10月、SFTSは6月にピークを迎える。

かまれないために、長袖、長ズボンで、帽子、手袋、首にタオルを巻くなど肌の露出を減らすことが重要だ。虫除けスプレーも有効で、明るい色の服だとマダニを見つけやすくなる。同課は「上着や作業着を家の中に持ち込まず、野外活動後は入浴し、頭部やわきの下、足の付け根、手首、ひざの裏などがかまれていないかを確認してほしい」と話している。

http://www.nwn.jp/news/180627_danikeihatu/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-7-3

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  2. 2017-7-3

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2017-7-13

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  4. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  5. 2020-7-10

    新型コロナウイルス対策セミナーのお知らせ

    介護事業者だけでなく、一般企業からも大好評をいただいております 感染症.comでは、新型コロ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る