【プール熱(咽頭結膜熱)】プール熱、過去10年で最多 手洗いなど予防呼び掛け

【プール熱(咽頭結膜熱)】プール熱、過去10年で最多 手洗いなど予防呼び掛け

子どもに多い咽頭結膜熱(プール熱)が流行し、患者が2007年以降で最多となっていることが、国立感染症研究所の調査で14日までに分かった。夏場にかけてさらに流行拡大が心配されるため、同研究所は手洗いなど予防に努めるよう注意を呼び掛けている。

咽頭結膜熱は、接触やくしゃみなどの飛沫によって広がるウイルスが原因で、目が充血し発熱やのどの痛みなどを伴う。プールでのタオルの共用などで感染することがあるため、プール熱と呼ばれる。

同研究所によると、4日までの1週間に報告された1医療機関当たりの患者数(速報値)は全国で0.95人で、既に過去10年のピークの患者数を上回っている。都道府県別は山梨県が3.29人と最も多く、北海道(2.02人)、奈良県(1.53人)、鹿児島県(1.51人)と続いた。

咽頭結膜熱は、ほとんどは自然に治るが、まれに重症化することがある。予防には、手洗いをまめにするほか、プールで他人と別のタオルを使うことが重要という。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG14H1Z_U7A610C1000000/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-7-3

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  2. 2017-7-3

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2017-7-13

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  4. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  5. 2018-6-15

    第2回「薬剤耐性(AMR)対策普及啓発活動表彰」の 取組事例の募集開始について

    第2回「薬剤耐性(AMR)対策普及啓発活動表彰」の取組事例の募集を開始いたしましたのでお知らせいたし…

おすすめ記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る