【プール熱(咽頭結膜熱)】「プール熱」が過去10年で最多 重症化まれも感染力強く

【プール熱(咽頭結膜熱)】「プール熱」が過去10年で最多 重症化まれも感染力強く

子供に多い感染症「咽頭結膜熱」(プール熱)の患者が過去10年で最多となっていることが6日、国立感染症研究所の集計で分かった。重症化することはまれだが、感染力が強いため、厚生労働省は「手洗いや目をこすらないなどの予防策をしっかりとってほしい」としている。

感染研によると、全国3千カ所の小児科医療機関から5月22日から28日までに報告された1医療機関当たりの患者数は0・91人で、前週(0・65人)より4割増えた。昨年同時期より0・18人多く、過去10年の同時期と比較して最も多い。

都道府県別では、鹿児島県(1・85人)▽北海道(1・84人)▽山梨県(1・83人)▽奈良県(1・59人)▽岩手県(1・51人)-の順で多かった。

東京都府中市の崎山小児科でも、例年と同じように咽頭結膜熱の患者が増えている。崎山弘院長は「昔はのどや目の症状から咽頭結膜熱と判断したが、最近はウイルス感染を迅速に検査できるようになり、報告数が増えている可能性もある」と指摘。せきやくしゃみなどのしぶきのほか、目やになどからも感染するため、手洗いの徹底やタオルを共有しないなどの対策を呼びかけている。

■咽頭結膜熱 風邪の原因として知られるアデノウイルスによる子供の代表的な急性感染症。発熱やのどの痛み、頭痛、だるさなどが主な症状で、目の充血や痛みなどを伴うことも多い。ワクチンや治療薬はなく、乳幼児や高齢者ではまれに重症化することもある。プールでの感染が多いことからプール熱と呼ばれ主に夏に流行したが、最近は年間を通じて流行する。

http://www.sankei.com/life/news/170606/lif1706060038-n1.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-7-3

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  2. 2017-7-3

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2017-7-13

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  4. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  5. 2020-7-10

    新型コロナウイルス対策セミナーのお知らせ

    介護事業者だけでなく、一般企業からも大好評をいただいております 感染症.comでは、新型コロ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る