【プール熱】首都圏でプール熱が流行の兆し 埼玉県など手洗い、うがいの徹底を呼びかけ

【プール熱】首都圏でプール熱が流行の兆し 埼玉県など手洗い、うがいの徹底を呼びかけ

夏季に流行することが多い「咽頭結膜炎(プール熱)」の患者報告数が東京や千葉、埼玉など首都圏で増加しつつあり、2017年5月17日に3都県の感染症情報センターが相次いで注意喚起を発表している。

流行時期は夏とは限らない

咽頭結膜炎はアデノウイルスによって発症する感染症で、ウイルスに汚染されたプールで感染が拡大することが多いため、プール熱とも呼ばれる。発症すると高熱となり、のどの腫れや結膜炎などの症状が表れる。

東京都感染情報センターが発表した「東京都感染症週報 2017年第19週(5/8~5/14)」によると、都内の小児科から報告された咽頭結膜炎患者数は先週より約1.6倍、同時期の千葉県による週報では約2倍となっている。両都県ともこれまで患者数は増加していなかった。埼玉県の感染症情報センターは19週の咽頭結膜炎患者数が「前週より大きく増加し、今後の動向には注意が必要」としている。

プールが利用される夏に流行するイメージもあるが、アデノウイルスは1年中存在するため実際には時期を問わず流行する可能性があるという。感染力が強く、目や口、鼻、のどから容易に体内に侵入するため、うがいや手洗いといった基本的な対策に加え、感染者との接触や感染者が触れたものを避けることも重要な予防法となる。

https://www.j-cast.com/healthcare/2017/05/22298457.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-7-3

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  2. 2017-7-3

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2017-7-13

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  4. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  5. 2020-7-10

    新型コロナウイルス対策セミナーのお知らせ

    介護事業者だけでなく、一般企業からも大好評をいただいております 感染症.comでは、新型コロ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る