【エボラウイルス】エボラ出血熱、持続感染者から感染 初の事例 妻から家族に 論文 /西アフリカ

【エボラウイルス】エボラ出血熱、持続感染者から感染 初の事例 妻から家族に 論文 /西アフリカ

西アフリカのリベリアで2014年7月にエボラウイルスに感染したものの助かったとみられる女性から、1年以上たった後に夫と2人の息子が感染していたと報告する論文が発表された。エボラ出血熱回復後の継続的な監視の重要性が浮き彫りになった。

24日付の医学誌「ランセット感染症ジャーナル(Lancet Infectious Diseases)」によると、突如「再出現」したとみられるエボラウイルスに感染して15歳の息子が死亡している。この息子は、首都モンロビアで2015年11月19日にエボラウイルス陽性と確認され、4日後に死亡したという。

女性の夫と8歳の息子もエボラウイルスRNA陽性と確認され、倦怠(けんたい)感や頭痛、高熱などの症状がみられたが回復した。

女性についても検査を行ったがエボラウイルスRNAの痕跡はなかった。だが女性にはエボラウイルスの抗体があった。以前、エボラに感染した際にウイルスに対する体の免疫反応で作られたものとみられる。女性は2014年7月にエボラウイルスに感染したが生き延びたとみられることも分かった。

論文は、女性が第4子を出産した後エボラウイルスが「再出現」して2015年10月に家族に感染した可能性を指摘した。エボラウイルスの持続感染者(ウイルスに慢性的に感染している人)から別の人への感染が明らかになったのは初めてだという。

http://www.afpbb.com/articles/-/3183493

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-7-3

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  2. 2017-7-3

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2017-7-13

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  4. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  5. 2020-7-10

    新型コロナウイルス対策セミナーのお知らせ

    介護事業者だけでなく、一般企業からも大好評をいただいております 感染症.comでは、新型コロ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る