【エボラウイルス】エボラ出血熱、コンゴ民主共和国政府「史上最悪の事態」 /コンゴ

エボラ出血熱の感染が拡大するアフリカ・コンゴ民主共和国で、これまでにおよそ200人の死者が確認され、政府は「史上最悪の事態」と発表しました。

コンゴ民主共和国の保健相はエボラ出血熱について、東部の北キヴ州で今年の8月に新たな感染が確認されて以来、現時点で319人の感染が確認され198人が死亡したと9日発表しました。

コンゴ民主共和国では「ザイール」時代の1976年に国内を流れるエボラ川近くで世界で最初の感染が確認されて以来、エボラ出血熱の流行がこれまで9回起きています。しかし、今回の流行について政府は「史上最悪の事態」だとしていて、WHO=世界保健機関はウガンダなど隣国に今後、感染が拡大していく可能性があるとして警戒を呼びかけています。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3522905.html
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-7-3

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  2. 2017-7-3

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2017-7-13

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  4. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  5. 2018-6-15

    第2回「薬剤耐性(AMR)対策普及啓発活動表彰」の 取組事例の募集開始について

    第2回「薬剤耐性(AMR)対策普及啓発活動表彰」の取組事例の募集を開始いたしましたのでお知らせいたし…

おすすめ記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る