【エボラウイルス】エボラウイルス検出されず コンゴ滞在の高熱女性、インフルで陽性反応

厚生労働省は4日、エボラ出血熱が流行しているアフリカのコンゴ(旧ザイール)に滞在していた埼玉県の70代女性が帰国後の3日に高熱を出したため血液検査したが、エボラウイルスは検出されなかったと発表した。

女性は東京都内の医療機関に入院。別の簡易検査でインフルエンザの陽性反応が出ており、厚労省はインフルエンザによる高熱だったとしている。女性は引き続き入院する。

厚労省によると、女性は仕事で滞在していたコンゴを出国し、7月31日に帰国。8月3日朝に38・2度、同日夜に39・2度まで上がった。女性は、エボラ出血熱患者との接触はなかったと説明しているという。

血液検査は、東京都武蔵村山市の国立感染症研究所村山庁舎で実施。血液にエボラウイルスの遺伝子が含まれていないことを確かめた。

エボラ出血熱は、症状が出ている患者の体液などに触れて感染する。

コンゴでは昨年以降、疑い例を含めて約1800人が死亡する流行が起きており、世界保健機関(WHO)は7月、緊急事態宣言を出した。日本の厚労省も水際対策を強化しており、5日午前に対策を徹底するための関係閣僚会議を開く。

https://www.sanspo.com/…/news/201…/sot19080415340002-n1.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-7-3

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  2. 2017-7-3

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2017-7-13

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  4. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  5. 2020-7-10

    新型コロナウイルス対策セミナーのお知らせ

    介護事業者だけでなく、一般企業からも大好評をいただいております 感染症.comでは、新型コロ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る