【インフルエンザ】インフルエンザ流行警報 病児保育施設が足りない! /東京都

【インフルエンザ】インフルエンザ流行警報 病児保育施設が足りない! /東京都

東京都内でインフルエンザが猛威を振るっています。東京都が「流行警報」を発表する中、文京区にあるインフルエンザなど病気の子どもを預かる施設は連日満員となっていて、対応できる施設が不足しています。

文京区にある保坂病児保育ルームは、風邪や感染症などで保育園や小学校に行けない子どもを預かる専用の保育室です。年明けからインフルエンザでの利用者が急増し、定員6人の枠は連日満員です。保坂こどもクリニックの保坂篤人院長は「(電話予約の)10人から12人ぐらいのほとんどがインフルエンザ。翌朝に利用したいとキャンセル待ちしている状態が続いている」と話します。この保育ルームには感染症専用の隔離室もありますが、この日は6人全員がインフルエンザで、広い部屋もインフルエンザにかかった子たちの過ごす部屋として使用していました。

東京都によりますと、1月21日までの1週間のインフルエンザの患者数は、1医療機関当たり49.7人に上り、東京都が調査を始めた1999年以来、最も多い人数でした。

利用した子どもの親は「子どもが2人ともインフルエンザA型で、長引くとしばらく会社を休まなければならない。こういう所があって助かる」「キャンセル待ち5人目で、当日の朝にキャンセルが出て頼むことができた」などと話していました。

東京都によりますと、東京23区の中にはこうした施設がない自治体もあり、病児保育の環境が不足しているのが現状です。そこで都は、自治体への整備費の補助のほか、今後は、駒込病院や小児総合医療センターなど都立病院の小児科に併設する準備を進めていて、子育て支援を拡充していきたい考えです。

http://s.mxtv.jp/mxnews/kiji.php?date=46512556

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-7-3

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  2. 2017-7-3

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2017-7-13

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  4. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  5. 2020-7-10

    新型コロナウイルス対策セミナーのお知らせ

    介護事業者だけでなく、一般企業からも大好評をいただいております 感染症.comでは、新型コロ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る