【インフルエンザ】「A香港型」も増加 異例の3種同時流行か

【インフルエンザ】「A香港型」も増加 異例の3種同時流行か

直近5週間で検出されたウイルスはB型が最多。続いてA香港型が、これまでの主流で2009年には新型として流行したH1N1を追い抜いた。3種類が同時に流行するのは異例で、1週間の全国の推計患者数は前週より8万人多い約282万人に達した。

厚労省によると、同じA型でもH1N1に感染後にA香港型に感染する可能性があり、今シーズン複数回インフルエンザに感染した患者も少なくないとみられる。都道府県別で報告数が最も多いのは大分の77・09人で、福岡(69・96人)▽埼玉(68・29人)▽神奈川(66・31人)▽高知(66・19人)--と続いた。

また、1月29日~2月4日に休校や学年・学級閉鎖の措置を取った保育所・幼稚園・小中高校は1万752施設で、昨年同期の約1.5倍。欠席は今季の累計で約45万7000人に上る。

https://mainichi.jp/articles/20180210/k00/00m/040/161000c

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-7-3

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  2. 2017-7-3

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2017-7-13

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  4. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  5. 2020-7-10

    新型コロナウイルス対策セミナーのお知らせ

    介護事業者だけでなく、一般企業からも大好評をいただいております 感染症.comでは、新型コロ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る